【選択困難】イクオスとフィンジア@どっちもイイけど決め手はコレ!

フィンジアとイクオスの違いを実感するために、自分で使って比較しました!

結果を言ってしまうと、

  • コストを重視して総合的な効果を要求するならイクオス
  • 値段はいいから育毛効果の高さを重視するならフィンジア

こんな結論になりました。以下、結論に至るまでの経過を検証していきますね。

イクオスとフィンジアの大きな違いってどこ?

イクオスとフィンジアってかなり性格が違う育毛剤です。

イクオスは医薬部外品

イクオスは医薬部外品で、所定の有効成分が3種類配合されます。効果としては、育毛を促し抜け毛を防いで、薄毛を改善するといったところ。

優秀なサプリもあるので、内外からの総合作用が期待できる育毛剤です。

フィンジアは化粧品

一方フィンジアは、化粧品の分類。主成分のキャピキシル、ピディオキシジルが分類基準外のためで、決して効果が弱いからではないんです。

実証試験も行われ、注目される新しいタイプの成分ですが、それ以外の成分数は少なく値段も高い育毛剤になります

こういった個性的な育毛剤ですが、それぞれの特長についてもう少し詳しく検証します。そして、それがどう結論につながっていくかも見ていきましょう。

まずイクオスのメリットからいってみましょう。

イクオスのメリットはかなり多かった!

イクオスの成分・効果などで、メリットといえるものを探すとたくさんありました。まとめると、次のような点が挙げられます。

医薬部外品で有効成分が配合される

イクオスのメリット
    • 独自に開発した新成分Algas-2を使用
    • 配合成分数が多い
    • 脱毛ホルモン・DHT対策が充実
    • 優秀な育毛サプリ・イクオスサプリEXがある
    • イクオス&サプリセットのコスパが最高

イクオスには3つの医薬部外品の有効成分を配合

イクオスは医薬部外品として配合が認められた、3つの有効成分が配合されます。これは化粧品分類のフィンジアにはできないこと。

この成分、実は直接的な育毛作用はありません。血行を促し頭皮を整え、髪が成長しやすい環境を作る成分です。髪が生えるための土台作りですね。

効果として、抜け毛の予防、髪の成長促進などをうたうことが認められています。

イクオスには独自開発の主成分Algas-2が配合

Algas-2は、多くの育毛剤に配合され評価が高いM-034がベース。それにペルべチアカナリクラタを加えた独自成分です。

M-034の強化型といえる機能を持ち、短期間で効果が感じられるというのが特長です。

上のグラフはイクオスとミノキシジル、フィンジアに配合のキャピキシルの3つを比べた実証試験です。

3ヵ月後に実感した人の人数は、イクオスが最大。短期間で多くの人が実感できたのはイクオスということになりますね。

イクオスの配合成分数はトップクラス

イクオスの全成分数は70種類。うち育毛成分は61種類と、トップクラスの多さです。

これだけの成分があれば、育毛に必要な働きはほぼカバー。多様な原因による薄毛にも対応が可能で、総合的な薄毛改善能力が望めます。

イクオスはDHT対策を特に強化

イクオスは、抜け毛の原因・DHT抑制に特に多くの成分を配合しています。DHTの生成と働きの両方をブロックするために、13種類を充当。

DHTを作る酵素・5αリダクターゼを抑える成分が5種類。そして、できてしまったDHTを働けなくする成分を8種類という、強力2重ブロック態勢です。

さらに、イクオスサプリにもノコギリヤシ他数種が配合されます。豊富な成分数だからできる、パワフルな使い方といえますね。

次はフィンジアのメリットを見ていきます。

フィンジアのメリットはちょっと少なめ?

フィンジアの成分・効果面での特長点は、イクオスと比べると少なく見えます。でも、件数は少なくても、内容は凝縮された非常に濃いものなんです。

フィンジアのメリット
  • 主成分に5%濃度のキャピキシルを配合
  • もう一つの主成分2%のピディオキシジルを配合
  • 浸透力を上げるカプサイシン配合

フィンジアの主成分は話題のキャピキシル5%

フィンジアの特長といえば、やっぱりキャピキシルですね。毛包の活性化と抜け毛の抑制、それに炎症防止まで一つの成分でやってしまうスゴイ成分です。

育毛と脱毛抑制という、薄毛改善の2大作用を一つでできる成分って、他にはないでしょう。

作用については、海外でいくつもの実証試験が行われました。「ミノキシジルの3倍の成長力」というのが有名ですが、他にも何種類もの試験が行われています。

フィンジアのキャピキシルは最高濃度の5%。効果への信頼性も最高濃度です。

フィンジアのもう一つの主成分ピディオキシジルは2%

ピディオキシジルは、構造的に発毛薬・ミノキシジルにそっくり。元の性質を残しながら、浸透性の悪さや副作用が出ないように改造した物質です。

効果としては、休止期の髪の毛を成長期に移行、成長期の延長など、ミノキシジルと似た作用が期待できます。

ミノキシジルの欠点だった浸透力が上がり、刺激も軽減されているので安全性も全く問題ありません。

フィンジアのメリットは主成分+カプサイシン

フィンジアのメリットは、この2つの主成分が最高濃度で配合されていることでしょう。これによる髪の成長促進への期待度は、かなり高いです。

それに加えてカプサイシンですね。毛穴を広げて成分の浸透を促すという「ゲートアクセス理論」に必要な成分です。

この配合で、2つの主成分やその他の有効成分の浸透性がアップ。成分の吸収率が上がれば、さらに効果もアップすることが望めますね。

イクオスやフィンジアには違いがあります。それぞれどんな人に向くんでしょうか。

イクオスをおすすめしたいのはこんな人

冒頭で紹介したイクオスがオススメな人は、「コスパ重視で総合効果を望む人」でした。そこをもう少し詳しく書いてみます。

イクオス派
  • イクオスの有効成分を使いたい人
  • 抜け毛を止めたい人、予防したい人
  • イクオスだけのAlgas-2を使ってみたい人
  • 育毛剤とサプリの総合効果を試したい人
  • 低価格でも優れた育毛剤を使いたい人
イクオスがオススメなのはこんな人です。

イクオスには育毛成分が61種類も配合されます。そのうち13種類が脱毛ホルモン・DHTを抑える成分。これって相当な力の入れ方ですよね。抜け毛を何とかしたい人は、ぜひともイクオスを使ってみるべきでしょうね。

それ以外にも、髪の毛がもっと欲しい人にももちろんおすすめ。Algas-2を始め、有効成分のセンブリエキスなど、血行促進や髪の成長促進成分が豊富です。

次はフィンジアのほうが向く人です

フィンジアをおすすめしたいのはこんな人

記事の最初に書いたのは、「育毛作用を重視する人」でした。具体的にいうとこんな人です。

フィンジア派
  • 何かと話題のキャピキシルに興味がある人
  • 一般的な育毛剤では改善しなかった人
  • 育毛サプリはいらない人(他のものを使っている)
  • 抜け毛対策より髪の成長を重視したい人
フィンジアは化粧品の分類なので、イクオスみたいな有効成分は配合されません。その代わり、既存の分類には当てはまらない、キャピキシルやピディオキシジルがあります。

どちらの成分も、髪の成長の方に軸足が置かれています。なので、抜け毛抑制より育毛作用を求める人に向いているでしょう。

かといって脱毛抑制作用がないわけじゃなく、キャピキシル、ビワ葉、ヒオウギなどがしっかりとDHTを抑えてくれます。

イクオスとフィンジアの選び方

イクオスは老若男女、誰にでも使えるようにできています。

なので、何を使えばいいのか分からない人、全くの初心者などはイクオスを。また、作用を特定せず、総合的な育毛作用を望む人もイクオスを選びましょう。

フィンジアは成分数が少なく、イクオスみたいな総合効果は望めません。その代わり、髪の成長に重点を置いた成分構成です。髪を育てることを主体にしたい人は、フィンジアが合うと思います。

ところで、二択じゃなく併用という方法もありますね。

イクオスとフィンジアの併用も選択肢の一つかも

ここまで見てくると、イクオスとフィンジアの作用の特徴がおわかりでしょう。

イクオスは万人向けとはいえ、特にDHT対策が2重ブロックで手厚くなっていましたね。

そして、フィンジアの主成分は髪の成長作用に優れます。Algas-2よりは期待度が大きくなる成分でした。

併用すれば、双方の得意な部分が両方いただけます。併用のメリットは十分。そして、成分的にも併用に支障はありません。

併用の方法はどうするのがベスト?

併用はよさそうですが、同時に使うのはNG。混ざりあった成分でどんな作用が起きるかがわからず、成分の吸収がうまくいかない可能性が大きいんです。

併用もできる
おススメは、朝にイクオスで夜がフィンジア。朝は男性ホルモンが多くDHTができやすいので、イクオスで抑制します。
夜はフィンジアの成長促進作用と、睡眠中に多くなる成長ホルモンとの相乗作用が見込めます。

併用すれば、足りない作用を相手からもらえます。それで、育毛効果がさらに高まることでしょう。

まとめ・どちらか一つを選べといわれたら?

いろいろ比較してきましたが、はっきりとこっちがいいという結論は出しにくいですね。最初に書いた結論のように、自分に向いた方を選ぶことになるでしょう。

髪を増やしたい、薄いのを何とかしたいと思う人はフィンジアですね。そして、抜け毛を止めて毛を増やし、栄養補給も含めた作用を望む人はイクオスを取ります。

でも、イクオスのサプリには、どうしても捨てがたい魅力があります。質・量ともに最も優れた育毛サプリだと思うので。

それに、育毛剤とのセットでも7,538円で、フィンジア単体の最安値8,967円をかなり下回るというメリットも大きいですよね。

私の場合、この2つの理由でイクオス&サプリのセットを選び、今も使っています。