イクオスはおでこ・生え際(M字)ハゲの原因3つに対処できる?

おでこ全体、または両サイドがハゲ上がる生え際(M字)のハゲは、改善が非常に難しいといわれます。

どんどんハゲが広がっていく進行性。しかも原因が複雑で、それが互いに絡み合うことが多いんです。難題にイクオスがどう向きあうか。その対処について詳しく紹介していきますね。

おでこ・生え際(M字)が薄くなる3つの原因って何?

多くは年齢とともに進行する生え際の薄毛。原因には有名なAGA(男性型脱毛症)、血行不良、栄養不足など3つほどが考えられます。

生え際(M字)がハゲる原因①AGA(男性型脱毛症)の脱毛

おでこがハゲ上がる最大の原因は、AGAです。

男性ホルモンが変成されたDHTが、毛根の受容体と結合します。すると、脱毛因子や脱毛指令が出され、この影響で成長中の髪が休止期に誘導されて、抜けてしまうのです。

男性ホルモンからDHTを作る悪玉は、5αリダクターゼという酵素です。この酵素がたくさんある場所の一つが前頭部。つまり生え際、おでこなんです。

ここにある多くの酵素がDHTをどんどん作り出すので、生え際・M字部分は特に薄毛になりやすいし、進行もしやすい部分。

DHTが薄毛を起こす力は、男性ホルモンの10倍とも。DHT対策が、生え際の薄毛抑制への入り口といっていいでしょう。

おでこ(M字)がハゲる原因②血行不良による毛根の活性低下

薄毛は髪の成長力の低下でも起こります。血液の流れが悪くなると、毛根部に届く栄養が不足してきます。

すると、髪になる毛母細胞の活性が低下。細胞が増殖しにくくなり、髪が成長せず抜けやすい状態に変わり始めます。

血行不良は体のどの部分でも起こります。特に前頭部というのは頭皮のすぐ下が頭蓋骨。もともと太い血管が少ない場所で、血流量はあまり多くはありません。

そのため、血行不良による薄毛が起こりやすい場所。タバコなど吸っていると、血管が収縮、さらに血行が悪くなって薄毛につながるんです。

生え際(M字)がハゲる原因③栄養不足による髪の成長力低下

髪の毛と食生活は深い関係にあります。気ままな食生活を続けているうち、髪に必要な栄養が足りなくなって、抜け毛から薄毛に進行します。

面倒だからと、カップ麺やファストフードで済ませる人をよく見かけます。また、ダイエットのために極端に量を減らす人も。

偏食傾向だと、髪を作るアミノ酸やビタミン、ミネラルが不足するんです。どれが欠けても髪の毛は作られません。

バランスの悪い食事はハゲに直結しています。

脂っぽい食べものも薄毛に関わる

偏食といえば、脂が多い食事も若い人に多いですね。たいていは肉が中心で栄養バランスが悪くなりがち。それとともに血液中の脂質(コレステロール)も増えてきます。

それが血管内に溜まり、動脈硬化などで血行不良につながります。血行不良による栄養不足と栄養バランスの悪化。こんなダブルパンチで薄毛が進行し始めます。

M字ハゲの原因
生え際(M字)がハゲる原因をまとめましょう。

  • 生え際で多く作られる脱毛ホルモン・DHT
  • 生え際は血流不足でハゲやすい場所
  • 食習慣による栄養・血行不良から薄毛に
次は、こういった原因への対処法を紹介します。

生え際(おでこ)の薄毛を効果的に改善するには育毛剤!

生え際(M字)の薄毛にはいろんな原因がありました。でも、食習慣の改善など、いちいち対処するのは大変です。できれば効率よく改善したいもの。

最適なのが育毛剤です。毎日の習慣として塗るだけで、生え際の薄毛改善が期待できます。

生え際(M字)の薄毛に最適な育毛剤はイクオスをオススメ

M字(生え際)ハゲへの対処は、どの育毛剤でもいいわけではありません。M字対応が売りの育毛剤もあるほど。

で、オススメするのがイクオスです。他の育毛剤には難しいM字(生え際)の薄毛にも、イクオスなら効果的に改善していけます。

イクオスは全成分が70種類。さまざまな作用の成分を持ち、生え際はもちろんのこと、多彩な薄毛の原因にも対応が可能な総合力が特長です。

そして、最強の育毛サプリとして評価が高いイクオスサプリEXも用意。育毛剤との連携で、さらに高い育毛効果が期待できるんです。

どうしてイクオスが生え際に効果的なのか、その理由は3つあります。

イクオスが生え際に効果的な理由①DHT対策が万全

生え際(M字)の薄毛の最大の原因は、そこにたくさん作られるDHTです。イクオスのDHT抑制力は単純ではなく、いくつも重なる強力なもの。

DHTの生成を抑える5種類の成分

DHT対策の基本は、酵素の5αリダクターゼにDHTを作らせないこと。この酵素の働きを抑える成分として、イクオスにはオウゴンエキスなど5種類が配合されています。

たいていの育毛剤にはいくつか配合されますが、これだけあるのはイクオスぐらいなもの。生え際に多く分泌される5αリダクターゼを、強力に抑え込みます。

DHTの働きを抑える成分で2重ブロック

ただ、DHTの生成を完全に抑えることは現状では困難。できてしまったDHTは、脱毛因子TGF-βや脱毛指令FGF-5を出して抜け毛を起こします。

イクオスはクワエキスなど8種類の成分で、DHTの働き自体を抑えます。生成抑制と合わせて2重のブロックで、DHTの影響を徹底して排除します。

イクオスサプリEXにも強力成分配合

さらに、イクオスサプリEXには、DHT抑制成分の代表格ノコギリヤシが300㎎配合。実証試験でも確認された、確かなDHT抑制力を持っています。

加えて、これもDHT抑制作用が確認されているイソフラボンもあり、育毛剤との併用でより高い対DHT効果が期待できます。

イクオスが生え際に効果的な理由②血行促進成分が豊富

イクオスには、血行をよくして毛根部への血流量を増やす成分が、7種類以上配合されています。

ニンジンエキスやジオウエキスなどがそれで、生え際の毛乳頭や毛母細胞に栄養を多く供給し、細胞の増殖を活発にする効果が期待できるのです。

毛根の毛母細胞が活性化すると、生え際で目立っていた抜け毛が減らせます。もちろん新しい髪の毛の成長も望めるはず。

イクオスサプリにも血行促進成分が配合

また、イクオスサプリEXにも血行を促進する成分が配合されます。いくつかある中でも、特にカプサイシンやヒハツエキスなどに期待できそう。

そのカプサイシンですが、イソフラボンとの同時摂取で成長因子を増やすとされる研究報告がありました。

成長因子が増えるとなれば、薄くなった生え際の復活にも期待がかかりますね。

イクオスが生え際に効果的な理由③髪を作るアミノ酸が豊富

アミノ酸の効果
イクオスにはアミノ酸が16種類と、とても豊富です。このアミノ酸は細胞増殖のエネルギーとなる栄養成分で、毛根や頭皮組織を健康な状態で維持します。

 

また、髪を構成するタンパク質・ケラチンを作る原材料でもあります。豊富なアミノ酸で、材料が不足することなく髪の毛が作られるんです。

イクオスサプリEXにもアミノ酸は豊富。必須アミノ酸9種類を全部含み、イクオスのアミノ酸と協調して効率的に髪の毛が作れます。

他にもまだあるイクオスの薄毛改善効果

イクオスは多くの成分で総合的な作用が望める育毛剤です。これまで紹介したのは一部だけ。まだまだ優れた育毛作用を備えます。

独自の新成分Algas-2に期待できる育毛効果とは?

イクオスの主成分はAlgas-2という、イクオスにしかない独自成分です。評価が高い海藻由来のM-034をベースに、新しい海藻エキスのペルベチアカナリクラタをブレンドしたもの。

参考
M-034はミノキシジル並みの育毛作用が売りでした。

 

それをパワーアップした新成分Algas-2を3ヵ月使うと、78%の人が効果を実感したという成果が得られました。

このグラフは、比較対象のミノキシジルやキャピキシルよりも、早い時期に効果が実感できたことを表すもの。

育毛剤には、髪の成長速度からも即効性は期待できないとされてきました。そんな中、3ヵ月以内で8割近い人が実感できたとはスゴイですね。

成分の浸透力を上げる低分子ナノ水とは?

イクオスには、配合成分の浸透力を上げるために「低分子ナノ水」が使われています。

育毛成分は頭皮に浸透して効果を発揮するもので、浸透しないことには効果が望めません。浸透力は成分の能力と同じように大切な要素なのです。

参考
イクオスの「低分子ナノ水」は、配合成分を毛乳頭や毛母細胞に直接届けることができるとされる、画期的な技術。

これがあるから、実証試験では他の育毛成分以上の成果が得られたのでしょうね。

生え際の薄毛にはイクオスサプリEXも貢献できます。

生え際(M字)の薄毛にはイクオスサプリEXもオススメ

先に部分的に触れましたが、生え際(M字)の薄毛には、イクオスとイクオスサプリEXの併用が効果的です。

サプリの成分数は46種類と、育毛サプリではトップレベル。成分量も十分に確保できていて、質・量ともに優れた一級品の育毛サプリです。

イクオスサプリEXの何が薄毛を改善できる?

イクオスサプリ配合の有効成分ノコギリヤシやカプサイシン、アミノ酸などは、すでに紹介した通りです。かなり期待できる成分でしたね。

その他にも注目される育毛成分がまだまだあります。例えばフィーバーフューや、ガニアシ、イソフラボンなど。

フィーバーフュー

フィーバーフューはナツシロギクのエキスで、含まれるパルテノライドはNF-κBという炎症因子を抑制。同時にDHTも抑制され、薄毛改善に効果があるとされます。

この作用については、第8回日本抗加齢学会で発表されました。そして優秀演題賞をもらったという立派な実績がついています。

ガニアシ

ガニアシはコンブの根の部分のこと。成長因子の分泌を促すフコイダンのほか、ミネラルや食物繊維が豊富です。このエキスが髪の成長力を高めるといわれます。

摂取による髪への影響調査も実施され、多くの人に有効性が実感されました。

イソフラボン

参考
イソフラボン単独では、DHTの生成を抑制する作用が認められますが、カプサイシンとの相乗効果もよく知られます。

同時に摂取することで成長因子・IGF-1が増加。その働きで髪の成長促進が期待できます。

実際に、このIGF理論を応用した育毛サプリ・ダブルインパクトが発売されているし、治療に応用するクリニックもあるんです。

まとめ・生え際(M字)ハゲにはイクオスで対応しよう!

生え際(M字)ハゲの原因は、AGAや血行不良、栄養不良などいろいろ。

原因が複雑な生え際(M字)の薄毛対策には、それに合った多様な作用が必要です。それには育毛剤イクオスとイクオスサプリEXが最適。

とにかく成分が多いので、少々複雑な原因でも大丈夫。さらにイクオス&サプリのセットにすると、生え際の薄毛対策は万全です。

ただ、栄養不足や血行不良には自助努力も必要です。生活習慣の見直しと合わせると、イクオス&サプリの生え際(M字)ハゲ改善力はさらにアップするでしょう。